SOU HOUSING 西部開発グループ 公式ブログ

*

ラグビー業界から学ぶルーティン!?

      2017/06/28

routine

ラグビー界で以前、話題になり有名になりましたが、五郎丸選手は結果を出すために、ボールを蹴るまでの動作をルーティン(決められた一連の動き)にしています。
野球界ではイチロー選手は、バッターボックスに入り静止するまで約17種類のルーティンにしているそうです。
ルーティンとは決められた一連の動き、決められた一連の動作、決められた仕事。
なぜ、一流の人でさえ、自分の行動をルーティン化するかといえば、
決められた動きをルーティンにすることで安定した成果を導くためだということです。

仕事をするうえで、社内での報告・連絡・相談、
いわゆる報連相はどの会社組織・チームでも重要とされています。
しかし、この報告・連絡・相談をする前に大事なことがあると私は考えます。
それは復唱です。

この復唱を弊社では、全スタッフがルーティン(決められた行動)にする事を行動指針としています。
なぜ、復唱するかといえば、例として、上司から「これ、コピーしておいてね」と言われても、1枚なのか?いつ迄に必要なのか?
これは人によっては、何種類も勘違いする仕事として考えられます。
1枚コピーして渡せば、「このコピーは2枚するのが当たり前だろ!」と上司に怒られる場合もあります。
このような事がないように復唱することは重要だと考え、弊社は復唱を行動指針としています。
特に建築においては、一般的にお家の購入はお客様にとって、一生一回の買物です。
これは返品できない買物ですから、
弊社の建築部門では、この買物を後悔されない為にも、復唱することを進化させた言葉の領収書があります。
お客様から頂いた言葉を大事にして、凡人である弊社の私たちは、復唱すること、言葉の領収書を愚直に行います。

~西部開発の家~
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら

 - 社長Blog