SOU HOUSING 西部開発グループ 公式ブログ

*

三次で工務店選びに失敗しない秘訣!?

      2017/09/01

続編:「業者選びで失敗する人の特徴3つとは!?」

先週は、
業者選びで失敗する人の特徴が3つのうちの
1.住宅展示場を見て決める。
についての問題点を私なりの視点でお話ししました。

本日は、
2.〇〇見学会に行ってスグ決める!?
上記2.が、なぜ業者選びで失敗する人の特徴なのか?
問題点を私なりに分析します。

secret

〇〇見学会には、
「住宅見学会」「現場見学会」「構造見学会」「完成見学会」など、いろいろあります。

それぞれ内容は違いますが、業者の目的は同じです。
その目的は、当たり前ですが、建てて頂けるお客様とお知り合いになることです。

〇〇見学会に行って、気持ちが高揚し、
自分の財布の状況も感覚で楽観視し、
建てようと感覚的に思い、そのまま無理な住宅ローンを組まされる方々がいます。

自分の財布の状況を楽観的に
自分の思い込みで分析することは、
自分を知らない事と一緒です。

私は歴史マニアなので中国の孫子の兵法を愛読していますが、
難しい言葉は置いといて、

簡単に言えば、
「まずは相手の事より、自分の事。」
「負けないための準備をしっかりしよう」ということです。
自分の事を知れば、
「今、勝てなくても勝てる時がきます。」
自分の事を知れば、
「勝つために何があなた様に必要かが分かります。」

マスコミは、住宅ローン難民を頻繁に社会問題としてよく取り沙汰しています。

自分と家族、【本当のお金の状況】を客観的に知ろうとしない人は、
売上ノルマのある心無い住宅営業マンに捕まり、
無理な住宅ローンを組まされて家づくりはできますが、
生涯設計に失敗します。

ですが、
〇〇見学会に行くことは悪いことではありません。
むしろ良いことです。

誰でも、何か物を買おうと思った時は試してから、
調べてから買うものですよね。

例えば、
あなた様が、お惣菜を購入しようと思いデパートの地下街に行って、
美味しそうな食品を見つけて買おうか、やめておこうか、迷っている所に、
試食コーナーがあったとしたら…

お惣菜でさえそうなのです!
住宅であればなおのこと。

家づくりで大切なことは、ご自身の目でいろんな建物を見て、本物を見る目を養うことです。

何度もいろいろな建物を見ることによって、家づくりの知識はぐんぐん高まっていくものです。

ただし、
〇〇見学会に出かけて、
無理な売り込みをする業者、
頼んでもないのに訪問して無理な売り込み営業をする業者、
また、
先ほど申しました通り、
自分と家族、【本当のお金の状況】を
客観的に知らせようとしない住宅営業マンを育てている業者には気をつけてください。
そのような業者に捕まれば「家づくりの業者選びで失敗する人」になってしまします。

是非、ご一読頂いている皆様方には成功する生涯設計をして頂きたいです。

あなた様の見学会の目的は、
あなた様の目線で親身になってくれるかどうか、
大事なご家族の『幸せな家づくり』を
ご家族と一緒の目線で、無理のない形で、
お手伝いしてくれる信頼できるパートナーを見つけることが目的だと想います。

私ども西部開発グループは、
押し売りは絶対にしません。
中身に価格に絶対の自信があるからです。
住宅に悩まれるお客様に「選んでいただく」
それこそが私どもの生きがいです。

次回は3. 見積りを複数とる。
が、なぜ業者選びで失敗する人の特徴なのか?
問題点を私なりに分析します。

 

~西部開発の家~
  • お問い合わせはこちら
  • 資料請求はこちら

 - 社長Blog